ありえないもののために

Credo, quia impossible est.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回る珈琲の渦

author: 有栖川真理





金魚鉢のなかに疑問符が泳ぎ
縞模様に轢かれた人体が馬跳びにはげむ

鈴鳴らす楽の音の転落のあと
耳しいた白い個室にものいわぬ音符が
聞こえない音楽を落書きしている

回る珈琲の渦
白い陶器に白い指をからめ
見つめよ 見つめよ
回る珈琲の渦

コトープ
コトープと
点滴する文字に
茶色い音素の顆粒を
明るい毒素の血球を
意味しない言語の蒸留を
読め 知るな 読め

目にみえる物音を
骨組の下の心音を
聞くな 数えろ 触れ

時が物みなのうわべにじりじりと燃え
いらだつ点滅を見せてくるレンズの下で
焦げ穴をあけるさまざまな照準

回る珈琲の渦
見つめろ 見つめろ
回る珈琲の渦


スポンサーサイト

« le pas au-delà  | HOME |  エンノイア »

COMMENT

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
⇒ http://novalis666a.blog39.fc2.com/tb.php/2-ab10633b
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

NoVALIS666

Author:NoVALIS666



われわれNoVALIS666は、
三重人格複合体です。

 現実界の男性:神沢昌宏
 非現実の女性:有栖川真理
 超現実の神性:赤ちゃん
    (別名〈赤〉ちゃん

が同居しております。

mari

Autor2:有栖川真理



■特に【有栖川真理】【赤ちゃん】などの但書がない場合、発言者は神沢昌宏という現実の人間です。ほとんど、そういうことになると思いますが、まれに、感極まると人格交代が起こり、たとえば今のように、わたしこと【有栖川真理】が割って入ってくることがあります。また、非常にムカつくと【赤ちゃん】が暴言吐きまくることもあります。同じNoVALIS666でも相当性格違いますので、初めての方、びっくりしないで下さいね。

(文責:有栖川真理



■かかってこい!

(文責なんか知るか!:赤ちゃん


  
■でも、僕はまともな男です。
赤ちゃんみたいに好戦的じゃありません。

(文責:神沢昌宏




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。